よく耳にする「35歳転職限界説」

あくまでも限界「説」

 

 どうせ35歳くらいになると転職したくてもできないんだろう…?などとネガティブになっている方も多いはずです。確かに、年齢が選考の結果を左右する部分もあります。

 

 しかしそれが全てではないですし、35歳を過ぎても転職を成功させている方も中にはいます。最近では仕事をする人々にも高齢化の波が押し寄せているため、35歳なんてまだまだ若造くらいに捉えられることもあります。

 

 

around35に期待すること

 

 35歳くらいの年齢になっていれば、社会人としての経験・実績も十分な状況になっているはずです。同じ職種への転職であれば、その経験を生かさない手はありません。企業としても、そういった即戦力となりえる人物に対しては興味を示しています。

 

経験・実績をアピールしよう

 

 転職を成功させるためには、書類選考・面接を通していかに自分が即戦力となりえるかということを伝えることが大切です。具体的な実績が書ける方はそれを書いていいでしょうし、自分なりに工夫をして書類選考・面接の対策を行っていきましょう。

 

 また、転職先を選ぶ場合、現在成長中というような企業を中心に選んでいくのもおすすめです。そういった企業は人材不足が考えられますし、新しい会社であれば即戦力になりそうなベテランへの需要も高まるはずです。


このページの先頭へ戻る