転職は「逃げ」で行うべきではない

 

 転職活動は簡単には行きません。それは誰しも漠然と理解していることでしょう。しかし現状に納得していない気持ちを見過ごすこともできない。チャレンジできるのは若い時だけ,
そんなふうに考えて、迷うのも事実です。

 

 では実際に、転職に踏み切るきっかけはどのようなものなのでしょうか。もし転職したいと思う理由が「今の仕事が嫌だから」というものだったら要注意。たしかに、満足した仕事に就く権利は誰にでもあります。

 

 しかし現状から逃れるための転職は危険です。なぜなら、結局嫌なことがあればまた逃げなくてはいけないから。どうせ辞めるつもりなら、現状をなんとか打破できないか考えてみて下さい。今のポジションで改善を試みてからでも、遅くはありません。

 

《おすすめページ》
「高卒の転職術大公開」
高卒の強みを活かした転職

 

 

 逆に転職に踏み切るべきなのは、自分がやりたいことがハッキリしている場合です。「もっとこうなりたい!」という気持ちを押し殺して仕事を続けるとどうなるでしょう。「あの時やっておけば・・・」といつか必ず思う時が来るのです。

 

 それならば時期を見て、一度チャレンジするべき。万が一失敗しても、取り戻す時間がたくさん残っている方が良いでしょう。

 

 一度きりの人生ですから、自分の思うようにするのが一番。しかし後戻りはできません。「やっぱり前の会社が良かった」と思っても、取り返しがつかないのです。だからこそ、転職の前には「逃げではないか?」ということを自分に問いかけてみてほしいのです。



このページの先頭へ戻る